2005年10月21日

イタイ・・・痛すぎる。

授業実践のなかでパソコン教材を用い、

その効果を動作解析によって検証するというようなことを書いていたが、

某書籍を読んで、この方向で進めてよいのか不安になってきた。

研究を進めるにあたってはいくつかの仮定条件があるわけだが、

教育効果を検証するときに大前提となる問題がある。

それは・・・「授業者に生徒の行動を変容させるだけの指導力があること」

イタイ・・・痛すぎるよ。

講師駆け出しの23歳に生徒の行動を十分に変容させるだけの

教育的指導能力が備わっているだろうかと考えると、

この研究がまた一歩現実性から遠ざかったような気がする。

参った・・・・・_| ̄|○
posted by シナモ教授 at 12:31| 石川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8415270

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。