2005年12月28日

データ解析

実験環境の関係で当初予定していた3次元解析はできなかった。

仕方なく2次元での解析を行うことにした。

照明と反射マーカーの工夫があったので、デジタイズ作業もフルオート。

しかし、問題も起こった。

やはり、2次元解析の場合、体表マーカーだけでは骨盤の動きがいまいち取り出せない。

もともとそんなに可動域が大きい関節ではないだけに、

体表マーカーだけでは不十分なのだろう。

体表マーカーだけ使うならばもっと大写しにしなければ。


というわけで、3次元解析を行える環境を整える前に

実験用の装具を作成することになりそう。

これでやっと予備実験の予備実験の環境が出来上がると思います。

さて、それまでは文献読みまくりレビュー書きまくり!!
posted by シナモ教授 at 12:45| 石川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

予備実験の予備実験の予備実験の予備実験

出張や、試験の採点や、忘年会や発表が一段楽した。

2週間前の時点で反射マーカーは完成していたので、

本来なら今週は予備実験の予備実験ぐらいの勢いだったのだが、

所用が立て続けに入り、反射マーカーそのもののテストが今日までずれ込んだ。

近くのホームセンターでハロゲンライトを2台購入。

この光をマーカーが十分反射してくれれば

デジタイズの手間はかなり解消されるはず。


実験の結果、光源とカメラを並べることで

かなりの反射効果が得られることが判明。

さまざまな角度からマーカーを照らすことによって

オートデジタイズ機能を100%活用できることがわかった。

ここまでが本日の収穫。


次はいよいよ体表マーカーの妥当性の検討だ。

体表マーカーを使用した場合と

実験用装具を利用した場合の

一致度を見ることになるだろうね〜

まだまだ先は長いわ。

とりあえず年内にどれぐらいまでの速さなら

ホームビデオで追えるかを確かめよう。
posted by シナモ教授 at 20:20| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

Gait and Posture 15 (2002) p-p 136-145

この論文を読んでちょっと落胆。

やはり骨盤のy軸周りの回転を取り出すには

体表マーカーでは再現性に乏しいのか・・・・

そもそも、体表マーカーを取り付ける場所のばらつきが・・・


「触診の方法」に問題があるなんて・・・・
posted by シナモ教授 at 10:56| 石川 ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

手作り

最近のうちの研究室は、外に出て行って実験をやってくるというケースが多い。

しかし、金沢にいても工夫次第では十分な研究ができると私は思っている。


近々私も修士論文関係の予備実験をすることになっているが、

今日はその実験用具を手作りすることにした。

学部生のときから、さまざまな実験用具を手作りしたが、

今回作った道具は、それらの集大成といえるだろう。

呼び実験を行う日が楽しみになってきた。
posted by シナモ教授 at 17:00| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

パソコンが復活しました。

修論発表会直前に突然壊れたパソコン・・・

業者に修理を依頼するも、学会までに戻ることはありませんでした。

結局メインボードを全交換の後、本日メーカーから帰ってきました。

4万5千円でした。

これでやっと研究が動き出します。

まずはよかった。
posted by シナモ教授 at 00:08| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。